81078
なにわ太郎のつぶやき日記
〜カウンタの回る法学研究所〜
HOME

←02月 07年03月 04月→
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
半角スペースでAND検索

2007年03月01日の日記

『東電OL症候群』を読む 2007年3月1日(木)
佐野眞一『東電OL症候群』新潮文庫を読む。

すでに論及した佐野眞一『東電OL殺人事件』新潮文庫の続編である。前作は、第一審の東京地裁で無罪判決が出るまでの時期を取り扱っていた。

今回の作品は、第二審の東京高裁で逆転有罪判決が出た前後を取り扱っている。前作に対する女性読者からの反響の大きさを紹介し、それらの読者と会った話が語られている。

わたし個人としては、逆転有罪判決に関係した東京高裁の2人の裁判官の人生を紹介している部分が興味深かった。

裁判官弾劾裁判所の様子が紹介されている。そういえば、かつてGID特例法の関連で行ったことのある参議院法制局と同じ建物内に、裁判官弾劾裁判所があった。

被害者である東電OLは、詳細な売春日記をつけていた。その紹介の中に、うるう年の関係で、日付と曜日が合致する場合には、古い手帳を使って売春日記をつけていたとい部分がある(客と対価を記入)。

佐野氏によれば、有罪とされたネパール人男性は無罪であり、高裁判決は明白な誤判であるとのことである。冤罪事件である。

ーーーー
23年前の日記inカナダ
1984年3月1日(木) ころ頃のケベック市では、気温はマイナス10度からマイナス20度の間である。ほとんど雪は降らず、快晴の寒い日々である。

冬の間、客が少ないので、小さなホテルの2階部分をアパートとして借りていた。オーナーのドワイヨンさんは、無愛想で、9ヶ月に及んだ賃借中、あまり良い思い出はない(後に、初夏になり、観光客が増えた頃、大学近くのアパートに引っ越した)。

nik3.13